ネイル検定に不合格にならないための独学の勉強法

ジェルネイルの勉強法

ネイル検定の試験内容もどんどん変わってきていています。

今はネイルサロンでの施術は97%がジェルネイルです。

 

可愛くて長持ちするジェルネイルですがやはり2~3週間が限度ですね。

その後、サロンでのリペアやオフなど定期的に通わなくてはいけませんしお金も結構かかります。

 ソフトジェルならなんとかセルフでオフはできますが、

ハードジェルを落とす時に専用のドリルという器具を使って削り取るので

失敗したときの爪へのダメージ、回復の期間と費用を考えると

一般の方にはあまりオススメできません。

 

せめてセルフでソフトジェルがオフできたら・・・・

また、セルフでジェルネイルがプロ級にできたらって思いませんか?

そんな皆さんの声を聞いて、雑誌で有名なネイルサロンを開く和久井里香先生が

プロのノウハウを惜しげもなく教えてくれる通信講座を開きました。

jel.jpg

 

習い始めるまでは、ポリッシュやチップをつけたりくらいしかできなかったわたしが

今では、ネイルサロンで施術してもらっていた、ポリッシュ、3D、フレンチ、

グラデーション、エクステンションといった一通りのデザインを自分で楽しんでいます。

しかも通信講座は19,800円と他のスクールや通信講座よりも安いのに内容はスクールと同じ。

更に最新のサロンで人気の普段使いのネイルアートもいっぱい載っているので

スクールでしか教えてもらえないプロ仕様のジェルネイルができるようになります。

詳細はこちら≫≫≫

 

この講座の和久井先生は日本ネイリスト協会認定技能検定試験官

JNAジェルネイル技能検定試験官として問題を作成されている方なのです。

なので最近の試験の傾向、ネイルの流行などはしっかりと把握されています。


まずは揃えすぎて使いこなせないような道具は必要ないので

最低限の道具を揃えること!という親切な解説から始まり

プロのネイルモデルに行うサロン直伝の爪と手のトリートメント法、

ネイル検定合格のための勉強法などにも役立つ実用的な内容です。

メールサポートが付いているので、プロとしてサロンを開きたい方も相談できます。

初心者から始める本格ジェルネイル講座(テキスト&DVD付)はこちら≫≫≫

 

実際にこの通信講座で学び、自宅でサロンを開くまでになった方もいます^^

 

せっかくしてもらったお気に入りのジェルネイルもやっぱり2~3週間しかもちませんよね。

リペアをして少しでも長持ちして欲しいと思いますが

ジェルネイルは時間が経つとジェルネイル自体が硬くなりリフトしやすくなります。

また、リペアは気をつけないとグリーンネイルの危険性もあるし、

デザインによってはグリーンネイルに気が付くのも遅くなってしまう可能性もあります。

なので理想的なリペア回数は1~2回におさえて、次のチェンジの時はオフ。

2~3週間でリペア、次の2~3週間でオフぐらいの周期にするとアセトンオフも

1ヶ月から1ヶ月半くらいの頻度になるので爪にも負担が軽減されます。


自宅でジェルネイル、リペア、オフを本格的におこないたい人は

自宅がネイルサロンに! 初心者のための、本格ジェルネイル講座(DVD付)がおススメです。

 

爪や手の正しいお手入れの仕方から、サロンで実際に行うリペアやオフの方法も

カラーテキストとDVDで分かりやすく説明してあります。

ネイルサロンで施術してもらっていた、ポリッシュ、3D、フレンチ、グラデーション、

エクステンションといった一通りのデザインを今では自分で楽しんでいます♪

金銭的にもかなり助かっています^^

 


 

ジェルネイルはちゃんとオフしてあげないと次のネイルができません。

これって結構お金が掛かるので自宅でやろうと思う方は多いと思います。

 

『ハードジェル』の場合は溶液では落ちないので、オフは削って落とさなければなりません。
不慣れだと爪を削ってしまうので、これは後々のリペアの費用や時間を考えるとプロにお任せするのが無難です。

『ソフトジェル』の場合は溶液で落ちるので手順とコツさえつかめばご自身でできます。
なるべく、ジェルのメーカーと同じものが理想的です。
溶液、コットン、アルミホイル、オレンジスティック、ファイルがあればオフできます。


1.ファイルで表面を粗く削ります。(浸透しやすくするため。)


2.コットン(手持ちのものでOK)を爪くらいの大きさに切って、溶液を付けて爪におき、アルミホイルも適当な大きさに切って包み込みます。

3.10~15分(買った溶液に書いてある適当な時間)待ちます。

4.浮いてくるので、オレンジスティックで取り除きます。
  ※このときに無理に削ってしまうと爪の表面まで削れてしまうので、気をつけてください。

もし取りのこしがある場合には、2に戻り再度コットンをのせて、アルミホイルで巻いて待ちます。

時々、ソフトジェルのトップにハードジェルを使っているところもあるので、
その場合は少し多めに(自爪に達しないように気をつけて)削るといいといいでしょう。

 

もっともっと本格的にジェルネイルを自宅で楽しみたい場合は

ネイルアップなどのネイル雑誌常連のネイルサロンを開いている和久井里香先生の

テキスト&DVDが分かりやすくてサポートもありおすすめです。

初心者のための、本格ジェルネイル講座(DVD付)はこちら≫≫≫

 

和久井先生は日本ネイリスト協会認定技能検定試験官、JNAジェルネイル技能検定試験官も

されているので、ネイル検定の相談もいろいろしてみてはいかがでしょうか?